【昔話】ヤクザの彼(後編)

昔話。過去の記憶

自称ヤクザの彼氏のお話続き。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

付き合うまでは惚れさせてみせる!とか豪語していた彼だったけど、

やっぱり付き合っていくうちに人の嫌な部分は出てくる。

好きでもないからなおさら、ちょっとしたことでも気に食わなかった。

その中でも嫌だったのが、クリスマスだった。

欲しかったブランドアクセサリーをかってくれたんだけど、

それが中古ショップで安く買ったというものだった。

その時人気だったからお店になかったのか、それともケチっただけなのか。

中古で安く買えるんだよ。凄いでしょ!なんてプレゼント渡された。

わがままかもしれないけど、ガッカリした。

外箱や保証書無かったり中古品店の袋だし、

そもそも本物なのか信じがたい。

そして自称ヤクザの彼だしその辺りの信用度も無い。

きっと、好きな人から貰ったなら嬉しかったんだろうけどやっぱり喜べなかったな。

後日、プレゼント交換がしたかったのか

『俺もクリスマスプレゼント買ってほしい〜』なんておねだりしてきた。

(クリスマス当日私のお買い物について来た彼。でもお目当てがなくて帰ろうとしていたタイミングだった。)

なんとなく空気を読んで

私は所持金ほぼ全部使いエルメスで10万円超えの指輪を買った。

(風俗嬢と言ってもその日暮らしで、その日買うはずだった物の為に用意したお金だった。当日の感覚でも大金)

好きでもない人の為に大金を使い、

色んなショック受けた私は目が覚めた。

それで、(他にも色々あったはずだけど)この人とは別れよう!!!って誓った。

情も何もないし、一方的に別れを告げて関係を切ったと思う。

しばらく連絡きたりしてたけど、もう関わりたくないし全無視!

後日待ちぶせしてたりもしてたけどシカトしたらそれ以来連絡してこなくなった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

きっと好きでもないのにテキトーに付き合った罰があたったんだ。

勉強代は大金だった。

でも思いかえせば、ただの純粋な人だったのかも?

彼は

思い出の中でも”憎めないタイプ”で、

思いだしてつい笑ってしまう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

thank you.

コメント

タイトルとURLをコピーしました